FC2ブログ
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

たま係り

Author:たま係り
とらちゃんのお世話係をしています。
このブログはオカメインコのたまちゃん(永遠の10歳の女の子)の日記です。
今は亡きたまちゃんとの思い出と、
とらちゃんとの日々を綴ります。
とらちゃん(6歳)をよろしくね!

にほんブログ村オカメインコ

たまちゃん&とらちゃんはランキングに参加しています♪

アクセスカウンター

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセスランキング

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

参加しています♪

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ハロウィン♪

2018.10.31 17:56|ラブリィ とら





今日は、
たまちゃんの月命日なのですが・・・、


とらたん、今日は、


ハロウィンですよ~

ジャック・オー・とらンタンより、


鈴の方が気になりますか?

年に一度のハロウィンだから、


とらンタンとも、

仲良くしてあげてね



ワキワキ とらたん、


Happy Halloween!




前記事にたくさんのコメント、ありがとうございました。
とても嬉しかったです。

皆様からのコメントを一つ一つ読み進めるうち、
涙が止まらなくなってしまいました。
コメントへの返事は、もうしばらくお待ち下さい。
いつもすみません。

マイペース更新になりますが、
今後も お付き合い下さい。



スポンサーサイト



お礼 と 。

2018.10.24 18:26|今日のたま
 



10月10日
ポポちゃんママさんから、たまちゃんに


『たまちゃんカラー』の可愛いブリザーブドフラワーと、

可愛いポストカード、それから、


とっても心のこもったお手紙を頂きました。
ありがとうございます。

お花もお手紙もとっても嬉しく、


大切に飾っています。

今までお花を贈ってくださった皆さん、
たまちゃんの為にコメントをくださった皆さん。

たまちゃんの事を思い出し、
たまちゃんの為に貴重な時間を割いて、
いろいろして下さった事がとても嬉しくて、
とても感謝しています。
お花やコメントを頂く度に
たまちゃんがいないという寂しい想いの涙と
感謝の涙を流しています。
前記事にも、
たくさんのコメントをありがとうございました。
個別にお返事せず、すみません。

主役のたまちゃんがいなくなってしまったので、
ブログは辞めようと思ったのですが、
文ちゃん&きみちゃん、たまちゃんの事を
この先もずっと忘れてほしくないと思うようになりました。

とらちゃんと遊んでいると、
たまちゃんの事を思い出してつらくなったり、
たまちゃんがヤキモチを妬いている気がして、
今までのように遊べずにいます。

それでも、先日、
久しぶりにとらちゃんにカメラを向けたら、
とても嬉しそうに








突進して来てカメラを齧っていました。

文ちゃん&きみちゃん、たまちゃんの事は、
忘れろと言われても忘れられる訳がありません。
私は母も父も亡くしているので、
悲しみは時間が癒してくれるという事はわかっています。
記憶という物は意図せず徐々に薄れていってしまう事もわかっています。
それでも忘れた訳ではありません。
そして何より忘れられてしまう事が一番つらい。

なので、今後も


ブログは続けていきたいと思います。

とらたんのカメラ好きは、


たまねぇたん譲りだもんね。

文ちゃん&きみちゃん、たまちゃんの事を
みんなに覚えていてもらう為にも、

とらたん、


元気で長生きしてね。




お礼 と 記念の日

2018.10.02 15:12|今日のたま


たまちゃんと我々家族に
たくさんのコメントをありがとうございました。

一つ一つ、読ませて頂く度に涙が出てしまいました。

こんなにもたくさんのコメントを頂いているとは思っていなかったので、
とても嬉しく、
感謝しております。

ありがとうございました。

-------------------

前回のブログ更新の2日後、
くぅちゃんママさんから、


可愛いお花とメッセージ、
お供え用のキビ穂を頂きました。

同日、
秋香さんから、


綺麗なお花とメッセージを頂きました。

たまちゃんの祭壇が一気に賑やかになり、


とても嬉しかったです。

数日後、
レイママさんから、


虹の国の本を頂きました。

すぐには読む事ができず、
パラパラとページをめくって見ていたら、


たまちゃんと目が合いました。
たまちゃんに会えた気持ちになれて嬉しかったです。

更に数日後、
去年、セキセイインコのピッピを連れて遊びに来てくれた
お友達のKちゃんから、


宅急便が届き、

開封してみたら、


たまちゃんの顔写真入りの湯呑でした。

花器に使用してとの事だったので、早速、


使わせてもらいました。
たまちゃんの為にいろいろしてくれて、
とっても嬉しかったです。

49日まではお花を絶やさず過ごす事にしました。

そして、49日法要の日。
くぅちゃんママさんが、


虹の橋に見立てた綺麗な七色のお花を送ってくださいました。

『 お花と同じ七色の橋を越えて行くんだよ 』って、
たまちゃんに伝えました。

でも、


「たまちゃんが好きなだけ、この家に居ていいんだよ。」

「どこへも行かないで、ずっとそばにいて…」
というのが私の本心です。

祭壇は49日までと思っていたのですが、
頂いたお花が枯れるまで、そのままにする事にしました。

日に日にお花が寂しくなりましたが、
お花を買い足す事はせず、
少しずつ整理して、
たまちゃんも
文ちゃん&きみちゃんのそばへと思っていたのですが、
なかなか思うように進まず、


今でも祭壇はそのままです。

たまちゃんが元気だった頃、
たまちゃんのケージは、とらちゃんのケージと並べて
西側の窓辺に置いていました。
たまちゃんが酸素室で生活するようになって、
使えなくなったケージはずっと和室に置いていました。

たまちゃんが亡くなってからも
とらちゃんの隣にケージを置くとツラくて悲しくて見ていられないので、
和室に置いています。


ケージのテラスは開けたまま。

『 たまちゃんは遊びに出ている 』
と自分に言い聞かせるようにしています。

今は自由な身体になって、
いつでもどこでも私の肩にとまったり、
旦那さんの会社について行ったりと
自由に過ごしていると思うようにしています。


10年間、たまちゃんと一緒に過ごした想い出は、
家の中、車の中、通院した道や駅にまで、
あちらこちらに残っています。

今はまだ、楽しい想い出より、
闘病中の事を思い出す事が多く、
時々、元気だった頃の事を思い出しても、
すぐに
『 たまちゃんは、もういないんだ… 』
という現実に気付き、
切ない気持ちにすぐ変わり、
さらにツラく悲しくなります。

49日の一週間前、
一度だけ、たまちゃんの夢を見ました。
私の視線の下をトコトコと歩いていました。
ただそれだけ。
あっという間に目が覚めてしまいました。
前後の話はなく、
その時の私の感情もありませんでした。
目が覚めてから、
あの時、手を差し伸べていたら…。
手に乗ったたまちゃんを
いっぱいカイカイできたかも…。
手を差し伸べればよかったと後悔しています。



10年前の2008年9月30日。
入院した父から、たまちゃんを預かりました。

たまちゃんは父が退院するまでの間の居候だったので、
あまり構わないようにしていました。
突然、
知らない私達に、知らない家に連れて来られたたまちゃんも、
当時は借りてきたネコのようでした。

たまちゃんが我が家に来た頃、
私は会社員だったので、
夕方帰宅して夕食を作って食べてから、
たまちゃんを放鳥していました。
子供の頃、
文鳥やセキセイインコは飼った事があったのですが、
オカメインコは接した事が無かったので、
サイズの大きなたまちゃんのクチバシが怖くて、
放鳥時間は自由行動にしていました。
ケージに帰す時は嫌がっていましたが、
一度も咬まれた事はありませんでした。

たまちゃんが我が家に来て、
数日が経ったある日。
いつものように旦那さんとテレビを観ながら、
たまちゃんを放鳥していました。
それまでは、テーブルの上をトコトコ歩いたりして、
ひとりで過ごしていたたまちゃんが、
テーブルから旦那さんのお腹の上に降りて来て、
お腹の上に置いていた旦那さんの手の甲に
ちょこんとおでこをくっ付けてきました。
突然の事に旦那さんが戸惑っていたので、
私が『頭を掻いて欲しいのかも?』と言うと、
旦那さんが恐る恐るたまちゃんの頭をなでました。
不慣れな初カイカイでしたが、
たまちゃんが気持ち良さそうにしていた事を
今でも鮮明に覚えています。

鳥が人間に催促をするなんて知らなかったから、
とても驚きました。

その日以来、
たまちゃんとの距離が徐々に近くなり、
たまちゃんの魅力にどんどん惹かれていきました。

情が移ると、たまちゃんを返す時にツラくなるから
構わないようにしてたけど、
日が経つにつれ、
たまちゃんが可愛くて可愛くて、
構わずにはいられなくなっていました。

たまちゃんの喜ぶ顔が見たくて。
今思えば、ヒマワリをオヤツとして与えたり、
たまちゃんの身体に良くない事もしていました。

たまちゃんの事がどんどん好きになり、
気が付けば、
『 居候のオカメインコ 』
から、
『 頭が良くて
愛嬌たっぷりで可愛くて
いつも私達を笑顔にしてくれる
大好きな たまちゃん 』
になっていました。


2008年10月25日
たまちゃんが我が家に来て25日。

たまちゃんの定位置は、


旦那さんのお腹の上になり、

いつも旦那さんにべったり。


すっかり、


旦那さんLOVEになっていました。

たまちゃん、可愛かった。


入院から5ヶ月後、
退院した父にたまちゃんを返す事ができなくなり、
たまちゃんはうちの子になりました。

たまちゃんと出逢ってから10年。
今年は記念のお祝いをしたかった。

たまちゃん…、また逢いたいよ。

たまちゃんを思い出すだけで涙が止まらなくなるよ。

できる事なら10年前に戻りたい。