fc2ブログ
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

たま係り

Author:たま係り
とらちゃんのお世話係をしています。
このブログはオカメインコのたまちゃん(永遠の10歳の女の子)と始めた日記です。
今は亡きたまちゃんとの思い出と、
上手に飛べないとらちゃんとの日々を綴ります。
とらちゃん(10歳)をよろしくね!

にほんブログ村オカメインコ

たまちゃん&とらちゃんはランキングに参加しています♪

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アクセスランキング

月別アーカイブ

FC2ブログランキング

参加しています♪

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

お礼 と 記念の日

2018.10.02 15:12|今日のたま


たまちゃんと我々家族に
たくさんのコメントをありがとうございました。

一つ一つ、読ませて頂く度に涙が出てしまいました。

こんなにもたくさんのコメントを頂いているとは思っていなかったので、
とても嬉しく、
感謝しております。

ありがとうございました。

-------------------

前回のブログ更新の2日後、
くぅちゃんママさんから、


可愛いお花とメッセージ、
お供え用のキビ穂を頂きました。

同日、
秋香さんから、


綺麗なお花とメッセージを頂きました。

たまちゃんの祭壇が一気に賑やかになり、


とても嬉しかったです。

数日後、
レイママさんから、


虹の国の本を頂きました。

すぐには読む事ができず、
パラパラとページをめくって見ていたら、


たまちゃんと目が合いました。
たまちゃんに会えた気持ちになれて嬉しかったです。

更に数日後、
去年、セキセイインコのピッピを連れて遊びに来てくれた
お友達のKちゃんから、


宅急便が届き、

開封してみたら、


たまちゃんの顔写真入りの湯呑でした。

花器に使用してとの事だったので、早速、


使わせてもらいました。
たまちゃんの為にいろいろしてくれて、
とっても嬉しかったです。

49日まではお花を絶やさず過ごす事にしました。

そして、49日法要の日。
くぅちゃんママさんが、


虹の橋に見立てた綺麗な七色のお花を送ってくださいました。

『 お花と同じ七色の橋を越えて行くんだよ 』って、
たまちゃんに伝えました。

でも、


「たまちゃんが好きなだけ、この家に居ていいんだよ。」

「どこへも行かないで、ずっとそばにいて…」
というのが私の本心です。

祭壇は49日までと思っていたのですが、
頂いたお花が枯れるまで、そのままにする事にしました。

日に日にお花が寂しくなりましたが、
お花を買い足す事はせず、
少しずつ整理して、
たまちゃんも
文ちゃん&きみちゃんのそばへと思っていたのですが、
なかなか思うように進まず、


今でも祭壇はそのままです。

たまちゃんが元気だった頃、
たまちゃんのケージは、とらちゃんのケージと並べて
西側の窓辺に置いていました。
たまちゃんが酸素室で生活するようになって、
使えなくなったケージはずっと和室に置いていました。

たまちゃんが亡くなってからも
とらちゃんの隣にケージを置くとツラくて悲しくて見ていられないので、
和室に置いています。


ケージのテラスは開けたまま。

『 たまちゃんは遊びに出ている 』
と自分に言い聞かせるようにしています。

今は自由な身体になって、
いつでもどこでも私の肩にとまったり、
旦那さんの会社について行ったりと
自由に過ごしていると思うようにしています。


10年間、たまちゃんと一緒に過ごした想い出は、
家の中、車の中、通院した道や駅にまで、
あちらこちらに残っています。

今はまだ、楽しい想い出より、
闘病中の事を思い出す事が多く、
時々、元気だった頃の事を思い出しても、
すぐに
『 たまちゃんは、もういないんだ… 』
という現実に気付き、
切ない気持ちにすぐ変わり、
さらにツラく悲しくなります。

49日の一週間前、
一度だけ、たまちゃんの夢を見ました。
私の視線の下をトコトコと歩いていました。
ただそれだけ。
あっという間に目が覚めてしまいました。
前後の話はなく、
その時の私の感情もありませんでした。
目が覚めてから、
あの時、手を差し伸べていたら…。
手に乗ったたまちゃんを
いっぱいカイカイできたかも…。
手を差し伸べればよかったと後悔しています。



10年前の2008年9月30日。
入院した父から、たまちゃんを預かりました。

たまちゃんは父が退院するまでの間の居候だったので、
あまり構わないようにしていました。
突然、
知らない私達に、知らない家に連れて来られたたまちゃんも、
当時は借りてきたネコのようでした。

たまちゃんが我が家に来た頃、
私は会社員だったので、
夕方帰宅して夕食を作って食べてから、
たまちゃんを放鳥していました。
子供の頃、
文鳥やセキセイインコは飼った事があったのですが、
オカメインコは接した事が無かったので、
サイズの大きなたまちゃんのクチバシが怖くて、
放鳥時間は自由行動にしていました。
ケージに帰す時は嫌がっていましたが、
一度も咬まれた事はありませんでした。

たまちゃんが我が家に来て、
数日が経ったある日。
いつものように旦那さんとテレビを観ながら、
たまちゃんを放鳥していました。
それまでは、テーブルの上をトコトコ歩いたりして、
ひとりで過ごしていたたまちゃんが、
テーブルから旦那さんのお腹の上に降りて来て、
お腹の上に置いていた旦那さんの手の甲に
ちょこんとおでこをくっ付けてきました。
突然の事に旦那さんが戸惑っていたので、
私が『頭を掻いて欲しいのかも?』と言うと、
旦那さんが恐る恐るたまちゃんの頭をなでました。
不慣れな初カイカイでしたが、
たまちゃんが気持ち良さそうにしていた事を
今でも鮮明に覚えています。

鳥が人間に催促をするなんて知らなかったから、
とても驚きました。

その日以来、
たまちゃんとの距離が徐々に近くなり、
たまちゃんの魅力にどんどん惹かれていきました。

情が移ると、たまちゃんを返す時にツラくなるから
構わないようにしてたけど、
日が経つにつれ、
たまちゃんが可愛くて可愛くて、
構わずにはいられなくなっていました。

たまちゃんの喜ぶ顔が見たくて。
今思えば、ヒマワリをオヤツとして与えたり、
たまちゃんの身体に良くない事もしていました。

たまちゃんの事がどんどん好きになり、
気が付けば、
『 居候のオカメインコ 』
から、
『 頭が良くて
愛嬌たっぷりで可愛くて
いつも私達を笑顔にしてくれる
大好きな たまちゃん 』
になっていました。


2008年10月25日
たまちゃんが我が家に来て25日。

たまちゃんの定位置は、


旦那さんのお腹の上になり、

いつも旦那さんにべったり。


すっかり、


旦那さんLOVEになっていました。

たまちゃん、可愛かった。


入院から5ヶ月後、
退院した父にたまちゃんを返す事ができなくなり、
たまちゃんはうちの子になりました。

たまちゃんと出逢ってから10年。
今年は記念のお祝いをしたかった。

たまちゃん…、また逢いたいよ。

たまちゃんを思い出すだけで涙が止まらなくなるよ。

できる事なら10年前に戻りたい。




スポンサーサイト



コメント

No title

たま係さん🌱ブログ更新ありがとさんです🍀ブログを読み又涙が止まりません😢 私もたまちゃんの事を想うと胸が苦しくなり涙が止まりません… たま係さん❗️良いんです 沢山泣いたり😂 沢山悲しんだり 叫んだり😲おもいっきり転んだり📣 誰かが何かを決めたりするルールは ないと思います たま係さんがたまちゃんの事を元気に話す事が出来る日迄…
時が解決してくれるかな…「たま日記」は私の元気の源です❤️これからも 宜しくお願い致します🙇とらちゃんも元気かな
大好きな🍀😌🍀たま係さんへ

No title

こんばんは!ごんちゅけです!
久々のたま係りさんのブログを
見れて嬉しかったです。
早いもので、2ヶ月が経ってしまいましたね!
たま係りさんのお辛い気持ち良く分かります!
私も去年亡くした大吉の事
今でも毎日思っています!
彼が寝ていた箱を今でも処分出来ず
持っています。
1年も一緒にいる事が出来なかったのに
こんなに寂しいのに、
10年もたまちゃん!と一緒に過ごした
たま係りさんのお気持ち
良く分かります!
たま係りさん!私が大吉を亡くした時
たま係りさんがたくさん、励まして
下さりました。とても嬉しかったです。
たまちゃん!たま係りさんや旦那様
世界中のブログをご覧の方々に
愛されて、とても幸せだと思います!
弟分のとらたん!元気ですか?
また、ブログ書いて下さい!
楽しみに待ってます!

No title

たま係りさん、こんばんは。

たまちゃんは、元々お父さんが飼ってらしたのですね。

それが、たまちゃんの可愛さに離れられず
たま係りさん家族になったのですね。

たまちゃん、本当に可愛かった。

もう、たまちゃんのトコトコ歩きや、
姉さんぶりが観れなくて、とても残念です。

私も、玲ちゃんがお星さまになってしまってしばらくは
『玲ちゃんがいないと、我が家はこんなに静かだったんだ…』

と、とても寂しい気持ちになりました。

だから、たまちゃんがいた10年前に戻りたい
というお氣持ち分かります。

私も玲ちゃんをお迎えした頃に戻りたいです。

今は二代目の『きいちゃん』がいるから
前より寂しくなくなったけど

でも、たまに玲ちゃんのこと思い出して
会いたいなあ~って思います。

たま係りさん、無理せず、
どっぷりと?たまちゃんの思い出に浸って下さい。

それだけたまちゃんは、可愛い、
いなくてはならない存在だったのですから。

No title

私も亡くなったオカメインコのモグの夢を1度だけ見ました。
あれは不思議な体験でした。
亡くなってから3日後ぐらいで埋葬した後ぐらいの寝ていた時なのですが、でも意識ははっきりしていて、
モグがタタタタって歩く音が聞こえて、
その後私の所にバサバサバサバサって飛んできて、顔に乗ってくれました。
音も聞こえたし乗った足の感触まであったんです。
私がモグモグって言ったところで終わってしまいましたが、
あれはモグがお別れに来てくれたのだと思ってます
幸い私にはまだもう一羽いるのでその子とモグが生まれ変わって帰ってきてくれるのを待とうと思ってます。
たまちゃんもきっと生まれ変わって帰ってきてくれると思うので、
またたまちゃんに逢えるように頑張っていきましょう!
私も頑張ります!!

No title

ぷっちです。

日が経つにつれて、たまちゃんは本当にみんなを幸せな気持ちにしてくれていたんだなぁと改めて思います。

たまちゃんと過ごした10年は、あふれ出してしまうほどたくさんあるのでしょうね。

たまちゃんの一番近くにいらっしゃったのは、たま係さん、ご主人様、とらたんです。
それがたまちゃんの幸せでもあったと思います。

ゆっくり、ゆっくり…でいいんですよ!
立ち止まって、深呼吸して、少し前に進む。
それで良いと思います(^-^)

いつか笑顔で可愛いたまちゃんの思い出話が出来るようになることを、これからも遠くから祈ってます☆彡

No title

、、、たまちゃん、、、

たま係さんのこのブログが始まってから見ていました。
今日見に来て、突然のことで驚き、、、

過去の記事を読み直すと、涙が止まりません。
突然のことであまり、手が震え、コメントが書けません。

ご冥福をお祈りします。

たまちゃん、ありがとう。

No title

たま係さん、ブログの更新ありがとうございます。yasukoです。
ほんとうに、たまちゃん、かわいかったですね。
もどりたいね、わたしも、ひまたんをお迎えしたときにもどりたい。

49日がすぎ、たまちゃんは、天使さんになったかな。ひまたん天使さんの後輩ですね。
ひまたんは、優秀な天使さんだから、たまたんに、色々教えてるかも。笑
かわいいたまちゃん、ひまたん天使さんと、虹でがんばってね。
そして、たま係さんをまもってあげてね。

No title

すっかり涼しくなりましたね。
たま係様、そして旦那様、とらちゃん、皆さまご体調崩されていないか、ずっと気がかりでした。
お辛いなか、更新をありがとうございます。
祭壇で微笑む たまちゃんの可愛いお写真、開いたままのケージ、拝見したとたん 胸がキューっとなり、息ができなくなってしまいました。
ただただ、悲しいです。
お迎えした当時の たまちゃん、幼くてウルッとしました。
きっと旦那様が初恋のお相手で、ずっと一途に想っていたのでしょうね、、、
まだまだ苦しい日々だと思いますが、折に触れ、また たまちゃんとの素敵な思い出を教えていただけたら、こんなに嬉しい事はありません。

No title

とても辛い時に更新をありがとうございます。係さんの悲しみがとても深く、当たり前ですが中々癒えることは難しいです。
憧れのたまちゃんの事を他人事と思えず、悲しくて仕方がありません。

たま日記と出会えて、暖かいたま係さん・旦那さんとたまちゃんの交流を見る事が出来て本当に幸せです。
何度も初めから読み返して、たまちゃんの可愛さを拝見しています。

飛びながらカメラ目線をくれる たまちゃん、ロフトでたたずむ姿、キッチンを散歩したり。
何よりリボンがチャームポイントな別荘を見ると、たまちゃんの思い出が溢れて来ます。
憧れの鳥として私のスマホの待ち受けに、たまちゃんを選ばせて貰い毎日眺めていました。勝手にごめんなさい。
係さんがきみちゃんと文ちゃんで悩みを たまちゃんに相談する、内容のブログで「たま、わかんね」と紐をモニモニしているたまちゃんが何年も待ち受けにいます。
これからもスマホの中で会いたいです。

No title

たま係さん、パパさん、とらちゃん お元気ですか?更新ありがとうございました。ずーっと待ってました。私は10年前に18才で虹の橋を渡った たまちゃんと同じ オカメちゃんを飼ってました。初めて家に連れて帰った時は4時間おきに餌をあげいつも手の中に、、、最期の時も私の手の中でした。 その後 私は ずーっと泣いてばかり 何をしても 泣いて。とうとう ペットロスで病院通いになりました。
もう二度と飼うのを止めようと思いましたが。娘、旦那さんの勧めで
種類は違いますが また オカメちゃんを飼って飼いました。その子も
来年10才になります。やはり 私にはオカメちゃんが必要なのです。
たま係さん たまちゃんは遠い虹の橋から皆さんを見守ってますよ
とらちゃんを たくさん、たくさん 可愛いがってあげてくださいね。
長文で ごめんなさい。一日でも早く元気になって下さいね。
たまちゃんも 喜びますよ。また更新して下さいね~~

No title

たま係さん、ツラい中での更新ありがとうございます。
私が初めて、ここにお邪魔したのは、まだ文ちゃんが元気な頃でした。
あの時も相当なショックでしたが、今回もツラかったです。
しかし、たまちゃんが今まで見せてくれた、表情やムッチリツルツルボディ
それを見て毎日、笑ったり、楽しい気持ちにしてもらいました。
たまちゃんが亡くなったのは、とても悲しい事でしたが、その悲しみ以上の楽しい思い出を皆にくれたと思います。
だから本当にたまちゃんには感謝しています。
そしてたまちゃんも、たま係さんや旦那様から沢山幸せを貰ったのは、間違いない事だと思います。
だからたまちゃんとの楽しい思い出を大事にしながら元気を出してください。

No title

たまちゃん、たくさんのお花に囲まれて幸せそう❤
ご家族だけでなく、みーんなに愛されていましたものね。
今もテラスが開けられたケージにたま係りさんの気持ちが重なってギュっと胸が締め付けられました。
たまちゃんとご主人様のファーストコンタクト。
鳥が人に催促するなんて。。。
全く同じ気持ちを経験しました。
そこからずっと愛しくて愛しくて。。。ですよね。(*´꒳`*)
まだまだゆっくりたまちゃんとお話しして下さいね。
とらちゃんも
たま姉ちゃんがつまみ食いに現れなくなって寂しがっていませんか。
そろそろお顔見たいなぁ。
なんて。
ではまた。待っています。^ ^

No title

辛いですね。
時がたてば、とよく言いますが、残された者は実際にはなかなか立ち直れません。
私も、5年経った今でさえ、逝ってしまったセキセイインコのことを急に思い出して、涙があふれることがあります。
もっと他にしてあげられることがあったのではないかとも、考えます。

ゆっくり、ゆっくりと、先に進んでいってくださいね。

とらちゃん、たまちゃんの分まで元気で長生きしてね!

No title

たまちゃん、夢の中に姿を現してくれたのですね。私が20年以上前に亡くした愛犬は、今でも時々夢に出てきてくれます。

係りさんご家族をはじめ、全国のたまちゃんファンに愛されて、たまちゃん幸せだったと思います。
祭壇にたくさんの愛が溢れていますね。

ロスから立ち直るペースは人それぞれなので、係りさんのペースでくれぐれも無理されないようお過ごしくださいね。

No title

たま係りさん、ブログの更新をありがとうございます。

綺麗なお花に包まれて、たまちゃん嬉しそう(*^_^*)
お花は食べないけど、香りならたべちゃうかもよ、たまちゃん(^_^)b

家の子は、文鳥団子になる昭と桃が羽繕いが済むとカイカイをせがみます。羽繕いの途中だとマダマダ、どいて!って怒られます(^_^;)

とらたん、元気?
また、来ます。

No title

たま係りさん。大変ご無沙汰しています。何年ぶりでしょう。(多分3年ぶり)その間、我が家は母が癌を発病、手術、抗がん剤。そして一昨年死去(癌が原因でなく突然死でした)翌年から娘の部活が大躍進し、大きな大会へ。そして今年。娘がいよいよ受験生になりました。
夜中まで勉強する娘に付き合ってふと、「とらちゃんたまちゃんどうしてるかなあ。」とこちらにおじゃましました。
息を呑んでしまいました。あぁ、なんて事でしょう。あんなに美人だったたまちゃん。とらちゃんのごはんをつまみ食いするたまちゃん、音のするスピーカーの前でお昼寝できちゃうたまちゃん!涙が出てとまりません。
たま係りさんの悲しむ様子も‥‥。
どうか、どうかたまちゃんがいつまでもたま係りさんのそばで見守ってくれるよう、皆さんが少しでもお元気になられるよう、お祈りしています。

No title

今頃たまちゃんは天国で幸せに過ごしてると思います^_^
亡くなったペットの事をいつまでも想ってたり悲しんだり心配してたらペットは世話係が心配して永遠に天国へ逝けません。
神様にたまちゃんが永遠に天国で幸せに過ごしていけるように祈り、たまちゃんにも、世話係の事は心配しないで天国へ旅立ってねとしっかり言って聞かせてくらさい。
天国はこの世よりもずっと幸せなところです。
YouTubeで、大切な身内を亡くされた方へ。で検索すると江原啓之さんが同じような事を言ってました。
いつまでもたまちゃんを想い心配してたら、たまちゃんも世話係が心配になり永遠に天国へ逝けません。
人間とペットとは違いますが、亡くなったペットはあの世に逝くとペットを世話してくれる専門の神様がいます。その神様がたまちゃんはを永遠に可愛がり幸せにしてくれるのでなにも心配はいりません。
たまちゃんのご冥福を心からお祈りしています。

No title

たま係さんに会いたいです。
たま係さんの優しい言葉が私の癒しでした。
たまちゃんはとらちゃんと一緒にいつもそばで見守っていますよ!

No title

た~ま~ちゃん

来たよ(*^_^*)

此処で勉強した
オカメインコはインコでなくてオウム!

テレビやら雑誌(web)へツッノミ!するたび
あ…
って

とらたん、元気~(*^_^*)
また、来ます。

No title

たまちゃん

かわいいたまちゃんのキーホルダーといただいた切手、これからも大事に持ってるよ。

生まれ変わって、今度はとらちゃんの妹になってたま係さんたちのもとに来てほしいけど、こればっかりは たま係さんご夫婦の意向だから、ただの私の妄想ということで。

今でもたまちゃんはたま係さんと旦那ちゃんのそばに、見えないちっちゃい小人さんになって現れている気がするですよ。
非公開コメント